飛行機の歌舞伎

 

先日、飛行機に乗る機会がありました。

飛行機の出発には機内説明がありますね。

航空会社や乗る飛行機の便によってキャビンアテンダントの方が説明してくれたり、説明動画を観たり。

 

 

 

今回は動画(安全ビデオ)でした。

ただ、いつもと大きく違うのです。

 

 

 

いつもより色鮮やかで、テンポもよくて。

 

 

 

とくに、はじまったときには、何がはじまるんだろうとワクワクしました。

 


そして、内容に魅入ってしまいました。

4分14秒の動画を隅から隅まで、一瞬も見逃したくなくて、じーっと観ていました。

 

 

 

どんな内容だったかというと、主に歌舞伎の格好をした役者さんや黒子さんが機内説明の内容に沿って、動きのある演技をしているというもの。

f:id:design_no_kagakusiki:20190525151717p:image

その内容には、浮世絵風のイラストも含まれており、ものすごく完成度の高いものだと感じました。

 

 

 

ただただ、粋で感動しました。

大げさかもしれませんが、もし海外のお客さんがいたら

「日本てすごいだろ?」と自慢したくなるような気持ち。

 

 

 

オリンピックを意識してのことかもしれませんが、もう一度みたくてYouTubeや航空会社のコーポレーページで動画を探したほどです。

 

 

 

この安全ビデオは、安全に関する内容確実に伝えるとともに、わかりやすく興味をもって観てもらえるようにとの想いから作られたようです。

 

 

 

動画を観て、その意図が強く伝わってきました。

 

 

 

この安全ビデオと同じように、観てもらうための第一歩として興味をひくという仕掛けが大切になります。

 

 

 

そして、その仕掛けはエンターテイメント性のある要素も有効なのです。

 


むしろエンタメであれば、その内容に物語を感じやすくなるので、普通に説明されるよりも興味を持ってもらいやすくなりますよね。

 

 


これは、ストーリーブランディングとも関連のあることですが、

ストーリーの「人の心を動かす力」を借りるとぐっと興味をひくことができます。

 

 

 

硬く考えて、内容によい意味でのスキがなくなったり

伝える内容を考えると文章で伝えるべきものだと思ったり。

 

 

 

そのような場合でも、一度、色メガネを外して、エンタメのような違う方向からのアプローチを考えてみると

ぐっと興味深いものへ変身させることができるはずです。

 

 

 

視点を変える×エンタメ要素

 

 

 

とくに視点の移動は、その世界に浸かっているほど難しくなるものではあると思いますが

 

 

 

日々練習しながら、楽しく挑んでいきましょう。

 

 

 

 

 

 

✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎

デザインを科学しつくりあげ、ムダになりそうなものへ新しい価値と売上を。

 

#飛行機

#売上

#エンタメ

#興味

#視点

 

 

 

 

 

 

この内容は、あくまで個人の経験によるものですので、売り上げなどすぐに効果の出る確実な方法などとは捉えないよう、あらかじめご了承ください。

 

 

 

 

 


抹本

うなずき を作りだせ!


人が見上げて内容をみる看板や巨大なポスター、巨大な電子版広告など。

 


人が内容の全てを見るために見上げたり、顔を動かしたりする必要があるデザインでは、

 


内容を横書きするより縦に書く方がおすすめです。

 


人は、うなずくだけで、その商品にもつ好感度や評価があがるからです。

 


私たちは、うなずくことで無意識に好感を抱いてしまいます。

 

 

 

私たちが幼い頃から、したいことには、うん。うなずき、イヤなことには、イヤだ。と首を横に振ってきました。

 


とほとんどの文化のなかでも「うなずき」は肯定や賛成につながります。

そして、反対に「首を振る」は否定につながります。

(首を横に振ると商品への評価が下がるという研究もあります)

 


うなずくことは、このようなことが背景になって、好感につながると考えられています。

 

 

 

 


好感度は、商品が購入される確率アップに大きく働いてくれるものです。

 


人と人とのやりとりでも、相手の印象がいい感じだなと思えると、相手の話す内容をしっかり聴きたくなりますよね。

 


内容によっては、寄り添いたくなります。

 

 

 

反対に、相手の態度が悪かったり怪しさを感じてしまったりして好感が持てないと、「どうせ◯◯だろうな」と思ったりして相手の話を真剣には聞けませんよね。

 

 

 

営業のお仕事をされている方は、とくに相手からの印象や好感へ気を遣っていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。

 

 

 

 


好感がもてるものには前向きに検討し、好感がもてないものには後ろ向きになりがちです。

 


商品でもこれと同じことがいえます。

 

 

 

商品も相手にできるだけ好感を抱いてもらえば、商品を手にとってもらう機会が増えて、購入される確率も上がります。

 


つまり、売上アップへつなげられるのです。

 

 

 

この記事のはじめの方で、「大きい広告には縦書きがいい」という理由はここにあります。

 

 

 

顔を動かさないと内容を見ることができない大きな広告や看板では

 


その内容を縦書きにすることで見た人の顔を縦に動かすことができます。

 

 

 

例えば「今しかできない!令和の初挑戦」のようなキャッチコピーなら、上から順に

 


 


という風に縦に並べていきましょう。

視線と顔を縦に動かしてもらえます。

少なくとも、顔を横に振ることにはつながりにくいでしょう。

 

 

 

正直なところ、無意識に話しかけている状態なので確実にそうなるとまでは言い切れません。

 

 

 

ただ、無意識への働きかける仕掛けをすれば、商品を手にとってもらえる確率を上げていけるとも考えられますね。

 

 

 

メディアの形や経済の流れ、マーケティングの手法が時代とともに変わっても

 


人間の基本的なつくりは一緒。

 

 

 

ぜひ、無意識(潜在意識)への仕掛けをデザインの中に練りこんでみてくださいね。

 

 

 

✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎

デザインを科学しつくりあげ、ムダになりそうなものへ新しい価値と売上を。

 

#デザイン

#売上

#アップ

#好感度

#テクニック

 

 

 

 

 

 

この内容は、あくまで個人の経験によるものですので、売り上げなどすぐに効果の出る確実な方法などとは捉えないよう、あらかじめご了承ください。

 

 


抹本

明るい色と暗い色がつくる違和感

 

今回は、色のお話です。

 

色のバランスによって、「安定していて気持ちがいい」や「なんとなく安心できない、安定しない」といった人の気持ちをつくりだす方法です。

 

 

 

まずは、この図をご覧ください。

f:id:design_no_kagakusiki:20190522223947j:image

AとBではどちらが安定して気持ちがよく感じますか?

 

ほかには...

f:id:design_no_kagakusiki:20190522224006j:image


※一度にAとBを見ずに、片方を隠してもう片方を見てみるとよりわかるかもしれません。

 

(2つめの画像はじっとみていると、なんだかお団子が食べたくなってきてしまいました)

 

 

感じ方は人によって異なることもあるので、中にはそうでない方もいらっしゃるかもしれませんが、

 


一般的にいわれているものを答えとしてお伝えすると

 

 

 


答えは、Aです。

 

Aの方が安定してみえる人が多いです。

 

黒い枠のない2つめの画像の方がより、安定と不安について感じられます。

 

 

 

これは、色の軽重の効果によるものです。

 

 

 

人は、明るい(明度が高い)色を軽いと感じ、反対に暗い(明度が低い)色を重いと感じやすいです。

 

 

 

そして、カラーデザインでは、2色を配置するとき、下に暗い色を上に明るい色を配置すると、安定感をつくりだすことができます。

 

 

 

その反対に、下に明るい色をおき、上に暗い色をおくと不安定な印象をつくりだします。

 

 

 

なんとなく、落ち着かないなっていうときは、もしかすると

下が明るくて上が暗い色の配色が近くにあるかもしれませんね。

 

 

 

安定感のあるデザインをつくることは大切です。

 

 

 

しかし、デザインはやはり売上につなげられた方がいいですよね?

 

 

 

売上につなげるためには、まず第一歩として、人にしっかり気づいてもらえなければなりません。

 

 

 

そして、人に気づいて見てもらうためには、人の中に何か、かすかでもいいので、心の動きを与える必要があります。

 

 

 

そんな時、色は味方になってくれる相棒です。

 


色で安定感をつくりだすことができるように、色を使って不安定な感じもつくりだせますよね。

 

 


人の心は、不安定さを感じると安定へ向かおうと動き出します。

 

 

 

つまり、相手に心を動かしてもらうためには、例えばわざと配色で下を明るく、上を暗くしてみるのです。

 


あえて、「アンバランス」を作って人の心に動いてもらいましょう。

 

 


また、不安定さはマイナスなイメージばかりではありませんので、ご安心を。

 


下側に明るい色を使って、上側に暗い色を使うと、不安定さを生み出すとお伝えしましたが、

 


「不安定な感じ」から動きがイメージされ、ダイナミックなイメージやスポーティな印象も与えることができるといわれます。

 

 

 


前回のお話は、「脳へ違和感を与えて気づいてもらう」という内容でしたね。

 


今回は、それに少し似た内容をお話させていただきました。

 

 


なんだか、頭と心のエクササイズみたいに思えてきますね。

 

脳や心を動かして、よい刺激になるよう働きかけていきましょう♪

 

 

 

✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎

デザインを科学しつくりあげ、ムダになりそうなものへ新しい価値と売上を。

 

この記事のキーワード↓

#デザイン

#色彩

#色彩心理

#売上

 

 

 

 

 

この内容は、あくまで個人の経験によるものですので、売り上げなどすぐに効果の出る確実な方法などとは捉えないよう、あらかじめご了承ください。

 

 

 

 


抹本

 

違和感は刺激的

結論からお伝えすると、脳は新しいものを検出しやすい性質をもっています。

 

 

したがって、より早く脳に気づいてもらう必要があるとき、目立たせる必要があるのです。

 


そんなのわかってるよ!という声も聞こえてきそうですが、

ただ、目立たせて気づいてもらうだけでは記憶に焼き付けてもらいにくいと思います。

 

 

では、どうやって目立つようにするのか。

 

 

今回は、場合によって目立たせ方を変えることについてお話しさせていただきます。

 

 

 

まず、脳が新しいものを検出しやすいという性質についてからお話しさせてください。

 

 

脳は新しいものを検出しやすいといわれます。

そして、"新しいもの"というのはその人の"今までの経験にないようなもの"も対象に入ります。

 

 

しかし、その人のこれまでの経験に合わせることなんて、至難の技です!

超能力を使うか、その人に教えてもらうかくらいしないとできませんよね?

 


ましてや、想像もできないくらいの人に気づいてみてもらわなければならない

 

ポスターやチラシなどのデザインでは、不可能にも程があるといえるくらいのレベルで難しいことだと思います。

 

 

では、ほかにどのようなものが"新しいもの"の対象になるのでしょうか?

 

 

 

thinking time

(よろしければちょっとだけお考えください)

 

 

どうでしょう。何か浮かんできましたか?

 

 

 

私はこの知識を得るまで想像もつきませんでした。

 

 

 

答えは違和感です。

 


脳に違和感を感じてもらうことがカギとなるのです。

 

 

違和感をどうつくればいいのか?

 

 

それは、

・周囲の様子と変えること

・よくある見慣れた状況を変える

などが挙げられます。

 

 

☆周囲の様子と変えることの例☆

例えば、黒い文字ばかりある中に一文だけ青や赤い色の文字だと、パッと見たときイヤでもその文字に気づきますよね?

 

 


☆見慣れた状況を変えるの例☆

例えば、いつも遊園地で風船を配ってくれているキャラクターをスーパーで見かけたら、二度見してしまうほど素早く気づきますよね?

 

こちらは、常識や通常を疑う・視点を変えることと少し似ていますね。

 

 

違和感をつくって、脳からすばやく検出してもらうことで、認識、記憶へとつなげていくということです。

 

 

そして、そのとき特にポイントとなるのが色といわれています。

 

 

色では、青のような落ち着きのある色は脳へストレスを与えにくく、赤のような興奮を促す派手な色は脳へのストレスを与えやすいです。

 

 

したがって、場合によって色を使い分けることが大切です。

 

 

つまり、相手に違和感を感じさせてから、しばらく目にしてもらうことになるものの場合は、落ち着いた色で違和感をつくります。

 

 

相手に違和感を感じさせてから、記憶してもらうまであまり時間のないものの場合には、赤のような興奮を促す色を使いましょう。

 

 

例えば、青色はお客さんに送るDMのような、相手が内容をゆっくりとみる時間のあるものに使い、

 

 

赤色は、通路のポスターなど通りすがりに見られるようなものに使うといった具合です。

 

 

青色なら、赤色と比べて、じっと見てもらっても脳へのストレスが少ないので、お客さんが違和感を感じてからその違和感の内容をじっくり見て記憶してもらうことに適しているといわれます。

 

 

反対に、赤色なら、青色と比べて、脳へのストレスがかかってしまうため、お客さんが違和感を感じてその違和感の内容をさっと見て記憶してもらうことに適しているといわれる理由です。

 

 

もちろん、これは写真でも使えることです。

 

例えば、ハンドメイドのピアスを販売するためのサイト掲載用の写真なら、

ピアスの色以外を白や黒・グレーのような無彩色にした写真を載せるなど。

 

 

このようにして、まずは違和感をつくることで、そこから商品に興味を持ってもらったり記憶してもらったりするとか。

 

 

ほかにも、メッセージカードのような商品を販売する場合、一枚だけ色の違うカードを潜ませておくなど。

 

 

違和感をつくって記憶してもらう。

 

 

私がこのことを学んだとき

「それはそうだろう、当たり前のことじゃないか」と若干思いました。

 

しかし、そうかもしれませんが

その反対に、なかなか言われないと気づきにくいことだなとも感じました。

 

 

個人的な感想ですが、今回の内容いかがだったでしょうか?

 

 


違和感は、記憶してもらうための第一歩!

周りと雰囲気を一部変えたり、

いつもの様子と違うものにしてみたり。


ぜひ、機会があれば違和感を味方に、役立てていただけると嬉しいです。

 

 

 


✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎

デザインを科学しつくりあげ、ムダになりそうなものへ新しい価値と売上を。

 

#デザイン#科学#売上

 

 

 

 

 

 

この内容は、あくまで個人の経験によるものですので、売り上げなどすぐに効果の出る確実な方法などとは捉えないよう、あらかじめご了承ください。

 

 

 


抹本

◯◯で価値が変わる

今回は、エピソード調でお伝えします。

 

 

 

これは、ここ最近のこと。

いつものようにスーパーのレジで並でいるときのことです。

 

 

私の前に並んでいたのが、若いお母さんと小さな女の子でした。

きっと、4歳くらいの女の子。

 

 

その子は、3つが1セットになったポケットティッシュを持ってきて、お母さんに買って買ってとお願いしていました。

 

 

 

よくある光景ですが、いつもみるような光景とひとつだけ違うのです。

 


女の子はお母さんに「お菓子じゃないよ?ティッシュだよ?」と言っておねだりしていました。

きっといつもお菓子はだめだと言われているのでしょう。

 


そんな微笑ましいワンシーンでしたが、その中でいつもと違うのは、

 

 

女の子がお母さんに言っていたように、おねだりしていたものがお菓子ではなく、ポケットティッシュだったということです。

 

 


ポケットティッシュのパッケージをみるとその理由がわかりました。

 

 


その子がなぜティッシュを欲しがったかというと、ティッシュを入れたビニールのデザインがすみっこぐらしのかわいらしいキャラクターによってデザインされたものだったからです。

 


真っ白なパッケージやラインのみ入ったもの、企業名が入っているだけのものなど、

 


私たちの身の回りではさまざまなパッケージをまとったポケットティッシュがありますね。

f:id:design_no_kagakusiki:20190520225133j:image

 


そんなポケットティッシュですが、

もし、レジにお母さんと一緒に並んでいた女の子の前にあったポケットティッシュのパッケージが、

 

 

真っ白や単に単色で塗りつぶされたパッケージ、企業名だけが印刷されたものだったら、女の子はわざわざお母さんにおねだりしていたでしょうか?

 

 

 

きっと、ポケットティッシュに目もくれず、その場をまっすぐ通り過ぎてしまっていたと思います。

 


単色でシンプルなデザインのポケットティッシュや企業名を目立つように入れたパッケージのポケットティッシュがよくないと言いたいわけではありません。

 

 

もちろん、目的やターゲット層などによってデザインは必ず違うものになるからです。

 

 


公式の場面や人に名前を覚えてもらいたいときなどは、むしろシンプルなものや名前入りのものが好ましいと思います。

 

 

今回何をお伝えしたかったかというと、この女の子の目をとめたポケットティッシュのデザインから強く感じたことです。

 

 

ターゲット層やそのマーケティング、そしてデザインによって、

同じ商品でもうまく歯車が合えば、状況を大きく変えることができるということです。

 

 

そのこをものすごく、グッと感じて、おー!と思ったので、ちょっと共有させていただきました。

 

 


デザインで価値は作れる!

 

 

 


今回もお付き合いいただきありがとうございました。

 

 

 


✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎

デザインを科学しつくりあげ、ムダになりそうなものへ新しい価値と売上を。

 

#デザイン#科学#売上

 

 

 

 

 

 

この内容は、あくまで個人の経験によるものですので、売り上げなどすぐに効果の出る確実な方法などとは捉えないよう、あらかじめご了承ください。

 

 

 

 

 


抹本

オシャレは作れる?

前回のかわいいの作り方につづけて、今回は人がオシャレを感じるために必要な条件についてお伝えしようと思います。

 

 

 

 


〈もくじ〉

①日常もよく"オシャレ"を感じる

②オシャレを感じる条件

③感性は人それぞれ

 

 

 

①日常もよく"オシャレ"を感じる

 


オシャレなものと言われでどのようなものを思い浮かべますか?

 


オシャレな人、オシャレな洋服、オシャレな雑貨...

 

 

 

オシャレなものは日常の中でたくさん目にします。

 

 

 

一部の色が切り替わっているものとか、少しヒネリのあるイラストとか、珍しい柄模様のものなど

私たちの過ごす世界では、たくさんのオシャレを発見できます。

 

 

 

情報社会である現代では、とくに「これ、オシャレだ!ステキ!」と感じる機会は、日々何度もあるはず。

 

 

 

でも、オシャレだと感じるものはたくさん見つけられても、それを作り出すのは一苦労です。

 

 

 

できたものに対してオシャレだと感じることはかんたんですが、オシャレだと感じてもらえるものを作り出すことは意外と難しいもの。

 

 

そこで、今回はオシャレの作り方についてお話させていただきたいなと思います。

 

 


②オシャレを感じる条件

 


感性は人それぞれですが、基本的なことを理解して、これからのデザインに少しでも役立てていただければ嬉しいです。

 

 

 

まず、オシャレの条件は

1)整った形が整列して、その中に一部微妙な変化があること

2)色をつけるなら、色のトーンがグレイッシュやダルなどの鈍い色

 


こちらの2つです。

 

 

 

 


ひとつずつ、説明していきますね。

 


1)整った形が整列して、その中に一部微妙な変化があること

 


の整った形とは、かわいいを作るという内容でお伝えした丸はもちろん、四角や長方形などの幅広い形です。

 


波打った線や直線が混ざってひとつ形を成しているものでなく、直線だけで作られた形や曲線で作られた形など、整えられたもののことです。

 

 

 

その整った形が複数あり、それがキレイに整列した並びになっていてその中の一部に少し違いがあると、人はそれをオシャレだと感じる傾向にあるのです。

 

 

 

ちなみに、複数の形を並べるときの間隔は、狭い方がよりオシャレだも感じられやすいといいます。

 

 

 

図でみるとこのような形。

 

f:id:design_no_kagakusiki:20190519222100j:image

※Aの方がBよりオシャレだと答える人が多い

 

 


整った形を"少しだけ"崩すことがポイントです。

 

 

配色や図形の形をほんの少しだけ。

ここで、注意が必要なのは、変えすぎてはいけないこと。

 

 

 

キレイに並んだもののなかで、微妙に違うものがある、その微妙なさじ加減に人はオシャレというものを感じるといわれます。

 

 

 

2)色をつけるなら、色のトーンがグレイッシュやダルなどの鈍い色


デザインなので、モノクロばかりでなす、色をつけることも多いですよね。

 

 

オシャレなデザインを施すときには、ぜひ、単色ではなく2色にすることをおすすめします。

 

 

 

単色よりも2色の組み合わせの方がオシャレだと感じられる傾向にあることが理由です。

 

 

そして、使う色は、グレイッシュトーンやダルトーンのように少し鈍さのある、彩度が低い色をベースにして

 

 

2色は、明度差や色相差を大きくする(補色関係にある色を使う)とよいでしょう。

 

 

つくるデザインのイメージやクライアントの意向によっては、いつも大胆な2色を使えるというわけでもないと思います。

また、単色でないといけないこともあると思います。

 

 

そんなときは、類似色や単色を使いつつ明度差を大きくすることによって形の色に微妙な変化を与えてみてください。

 

 

③感性は人それぞれ


感性は人によって違うといってしまえばそれまでです。

 


オシャレと感じることは、人の感性に関わりますので、単にこの2つの条件が当てはまらないこともあると思います。

 

 

 

しかし、人はこれらの条件があるとオシャレだと感じる傾向にあるということも事実としてありますので、

 

 

あなたがオシャレなデザインに迷ったとき、なんとなく、人がオシャレだと感じやすい条件があったなと思い出していただければ幸いです。

 

 


これからもちょこちょここんな風に役立てていただけるような内容をお話しさせていただきたいと思っていますので、また立ち寄ってくださいね。

 

 

 

 

 

 

✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎

デザインを科学しつくりあげ、ムダになりそうなものへ新しい価値と売上を。

 

#デザイン#科学#売上

 

 

 

 

 

 

この内容は、あくまで個人の経験によるものですので、売り上げなどすぐに効果の出る確実な方法などとは捉えないよう、あらかじめご了承ください。

 

 

 

 

 


抹本

かわいいは作れる?

かわいい感じを作ろうとするとき、あなたは、どのように作りますか?

 

 

淡い優しいカラーで作りますか?

それとも、にっこり笑顔のイラストを含めて作りますか?

 


かわいいの正体がわかればもっと、思うような「かわいい」が作れるはず。

 

 

 

かわいいは、作れます。

 

〈もくじ〉

①かわいいの作り方

②まとめ

 

 

①かわいいの作り方


人がかわいいと思うものの特徴は

1)形が整っている

2)形が独立している

3)淡い色のもの

という3大条件があります。

 

 

1)形が整っている
形が整っている代表的な例は、丸です。

 

幼い子どもや丸みを帯びたものをかわいいと感じるのは、そのためだと言われています。

 


丸ではなく、四角を考えたとき、角ばったものより、4辺が削られて少し丸かなっているものの方がかわいく感じますよね?

 

2)形が独立している状態というのは、重なっていないということ。

 

一列に並んだ丸を考えてみましょう。

一方は、丸が間隔を空けて一列に並んでいるもの。

もう一方は、丸がずれて重なり一列になっているもの。

f:id:design_no_kagakusiki:20190519222757j:image

 

どちらをよりかわいいと感じますか?

 

どちらかというと、前者の丸が間隔を空けて一列に並んでいる方ではないでしょうか。

 

3)淡い色のもの


かわいいは、大きさよりも色と形が優先されると言われます。

 

同じ形をしたのものでも色のトーンがビビットのように原色のハッキリとした色より、ライトトーンやペールトーンのよ

うな淡い色の方がかわいいと評価されやすいという実験結果もあります。

 

②まとめ

1)形が整っている

2)形が独立している

3)淡い色のもの

 

かわいいものを作りたいとき、相手にかわいい印象を与えたいとき、ぜひこの3大条件を使ってデザインを作ってみてくださいね。

 

 

✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎

デザインを科学しつくりあげ、ムダになりそうなものへ新しい価値と売上を。

 

#デザイン#科学#売上

 

 

 

 

 

 

この内容は、あくまで個人の経験によるものですので、売り上げなどすぐに効果の出る確実な方法などとは捉えないよう、あらかじめご了承ください。

 

 

 

 


抹本