気持ちよくなる比率


★今回は、気持ちよく感じるデザインのお話★

f:id:design_no_kagakusiki:20190820220320j:image

心地よいデザインのためには、並びがキレイに揃っているとか、色の配色が規則的とかいくつか必要なことがありますよね。

 


ただ、それ以前のものもあります。

 

 

黄金比白銀比

f:id:design_no_kagakusiki:20190820220330j:image

あなたが生まれてくるずっと前から、デザインの前提として、黄金比白銀比があります。

 


黄金比なんて聞いたこと結構あるけど

これってどんな比率だったかな?

よく聞くけどそもそもなんだった?

 


と、なるのですが...実際どんな比率なのでしょうかと質問をいただいたことがありますので、今回はそのお話をさせていたたこうと思います。 (そして、正直私もそういえば...というときがあります)

 

 

さて、本題に進みましょう!

 


黄金比って?〜

f:id:design_no_kagakusiki:20190820220339j:image

まずは「黄金比」からご紹介しますね。


黄金比はずっっっと前から(パリの凱旋門ができるよりもまだまだ前)デザインで活用されてき比率のことです。


建築物でも使われてきました。

 


「1 : 1.618」の比率ことで、「1 : 1.6」として使われることが多いです。

 


絵画や美術品で見つけられることが有名ですね。

 

私たちの身近なものでも見つけることができます。

長方形

名刺やクレジットカード

ハガキ

は、黄金比になっていたり、それに近い形であったりするものです。


商品によっては、手帳やトートバッグなどもそれに近い比率のものがありますよ!

 

 

黄金比がなぜ気持ちよく感じるのか?

その理由は、自然界によくみられる比率だからです。

また、とても調和のとれた形と言われています。


あなたも私も、幼い頃から関わりのある慣れ親しんだ形に対する感覚は、歳をとってもずっと残っているんですね。

 

 

白銀比って?〜

f:id:design_no_kagakusiki:20190820220439j:image

さて、次は白銀比についてご紹介させていただきます。


黄金期は世界中で知られて使われていますね。

白銀比は、それと比べると日本古来から伝わる比率になります。


比率は「1 : 1.41」


白銀比も、黄金比と同じように整った比率(均整)で、こちらは特に日本古来のもので使われてきたした。

 


日本の建築はもちろん、生け花のようなところでも使われてきている比率。

 

今の私たちの生活の中で身近なもので挙げると、

A4用紙やB4用紙など、A版・B版と言われている紙のサイズがそれに当たります。

(用紙の短い辺を1とすると長い変が辺が1.4となる)

 

 

日本に住む人や日本に馴染みのある人なら、白眼比はとくに心地よく感じるのではないでしょうか。

 

 


黄金比白銀比...

知ってはいるけど、デザインを考えるときに使ってないなというのであれば、ぜひぜひ思い出してみてくださいね!

きっと幅が広がるはずです。

 

 

〜まとめ〜

黄金比は 1 : 1.618

白銀比は 1 : 1.41

どちらも心地よい感覚を作り出すポイントとなる

 


✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎

デザインを科学しつくりあげ、ムダになりそうなものへ新しい価値と売上を。

 


#黄金比白銀比

#芸術品 美術品

#心地よい、気持ちがよい

#感覚的

#自然な形

#デザインで付加価値をつける

#売上を上げる

 

 

 

この内容は、あくまで個人の経験や学習によるものですので、すぐに売り上げが上がる確実な方法などとは捉えず、こんな考え方や方法もあるという目で読んでいただけると幸いです。

 

 

 

抹本

高さって、使えるんだな

 

★今回は、高所とデザインのお話★

f:id:design_no_kagakusiki:20190819225933j:image

あなたは高いところから外を眺めたり、高い場所で作業をすることは好きですか?

 

例えば、カフェの2階にある、外を眺められる窓際席。

 

高い場所から外を眺めながら、ドリンクを飲んだり、読書をしたり、ゆっくりと時間を堪能していると

 

なんだかわくわくしたり

アイディアが浮かんだり

いつもより自分とよく向き合えたり

悩みが小さく感じられたり

やる気が出てきたり


そんな風になった経験はありませんか?

 


ただ単に行き交う人を上から眺めながら、ゆっくり過ごすとなんとなく気持ちがよくなりますよね。

 

 

人は大きくも小さくも

高いところから外を眺めると気分が高揚します。

 

さて、この気分の高まりですが、実はデザインでも活用できるのです。

 


〜高さはデザインでも有効に〜

f:id:design_no_kagakusiki:20190819230513j:image

「高いこと(高さのあること)」は私たちの行動に影響を及ぼします。


高いところにいると、私たちの寛大な気持ちが高められるのです


先ほど挙げたように、カフェの2Fから外を眺めるだけでも意外と気分は高まります。


そして、その気持ちの高まりがあなたの中の寛大さへ影響するのです。


私たちの中で芽生えた寛大な気持ちは強力的な行動へとつながってくというメカニズムです。

 


寛大な気持ちでも

・モノを買うことへ寛大になる

・許すことへ寛大になる

・社会的な行動へ前向きになる

・優しい気持ちになる

とかとか

いくつか種類がありますね。

 


その中でも、高いところにいて生まれた寛大さは、特に社会的な行動に対してより働きやすいと言われています。

(社会的な行動とは、募金や寄付など、社会のためになるとされている行動です)

 


募金活動や寄付などがそれにあたります。

 


ですので、あなたがお客さんに協力をお願いする場合におすすめしたいです。

 

 

ちなみに、あなたが主軸となって呼びかけたりする立場なら、こんな例があるのでご参考に▼

アメリカの大学の研究で行われた実験では、あるショッピングモールでエスカレーターを登ったすぐのお客さんとエスカレーターを降りてすぐのお客さんに寄付を呼びかけました。


その結果、エスカレーターを登ってきた直後のお客さんが寄付をした割合は、エスカレーターを降りてきた直後のお客さんがした寄付に比べて2倍以上だったそうです。

 

 

〜高い場所をどうデザインに結びつけるか〜

f:id:design_no_kagakusiki:20190819230148j:image

あなたがポスターなど配置を決められる立場であれば、うえの例に習って


ぜひ高い場所へ上がったその場所や高いところから下を見渡して気持ちよくなるような場所へ制作物を配置するのがポイントとなるでしょう。

 

 

ただ、あなたが、デザインの内容を専門としているなら、どのように活用できるでしょう?

 


また、物理的に高い場所というものが実現できない場合もありますよね。 

 

そもそも建物自体1階建てだとか

高い場所がないとか

高い場所があってもそこへ設置できないとか...

 


こういった場合も考えられますね。

 

 

でも、ご安心を。

 

 

高い位置で「行うこと」が難しい場合、映像や画像でも代替効果が期待できます。


ただ、できれば映像の方がおすすめです。

映像の方がより臨場感があり、それを見る人は高さを感じやすくなるからです。

 

タブレットのようなものでもよいので、鮮明や動画を使うことをすすめしたいですね。

 

とは言っても、どうしても映像が難しいときもあると思います。


画像の場合なら、出来るだけ鮮明なものをお使いください。

鮮明な画像は、見た人の脳にあたかも体験したような気にさせる効果が期待できるからです。


また、パノラマ写真のようにできるだけ広範囲のものを使うのもおすすめ。

 

 

それを見た人、お客さんが少しでも自分が高い位置にいるように感じられるような工夫をしてみてくださいね。

 

 

高いことが必ずしも全てよいというものではないでしょう。

時と場合によるところもありますが、思いもよらぬところで味方になってくれるメリットです。

 

 

高さをぜひ味方につけて、お客さんの心を開いていきましょう!

 


〜まとめ〜

・高いところは人を寛大な気持ちにさせる

・寛大な気持ちは、社会活動の後押しにもなり得る

・高い位置、高い位置だと感じられる映像や画像でお客さんの寛大な気持ちを引き出そう!

 

 


✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎

デザインを科学しつくりあげ、ムダになりそうなものへ新しい価値と売上を。

 


#想像力

#高さのある場所

#カフェ

#高みの見物

#2階のカフェ

#窓際の席

#臨場感を感じる映像

#パノラマ写真

#鮮明できれいな映像や写真

#募金や寄付を募る

#社会活動 ボランティア

#チョボラ

#デザインで付加価値をつける

#売上を上げる

 

 

この内容は、あくまで個人の経験や学習によるものですので、すぐに売り上げが上がる確実な方法などとは捉えず、こんな考え方や方法もあるという目で読んでいただけると幸いです。

 

 

 

抹本

日曜日の妄想

今週末から、毎週日曜日に新しい取り組みをスタートさせていただこうと思います!

 

題して、日曜日の特別コーナー、【日曜日の妄想】とさせていただきます。

f:id:design_no_kagakusiki:20190818211636j:image

 

一言でお伝えすると、「妄想しましょう!」という内容です。

毎週日曜日に途中場面を表すイラストを紹介いたします。

あなたには、そこからどのような物語が広がっているかをイメージしていただきたいのです。

(イラストは、大変恐縮ですが自作なのでご了承を)

 

目的は、あなたにストーリーを考えたり触れたりする機会を増やしていただくためです。

 

お客さんから、共感を呼ぶにしても興味を抱いてもらうにしても、好きになってもらうにしても

 

やはりストーリーの力は強力だからです。

それを味方につけられるよう、少しでもお役に立てていただけると嬉しいなと思っています。

 

毎週日曜日、なんとなくでよいのでイラストをみていただき

イラストの背景にこんな物語があったらおもしろそうだなとか、

なんでもよいのでぜひ想像を膨らませてみてくださいね。

 

さて、記念すべき初めてのイラストはこちら▼

f:id:design_no_kagakusiki:20190818210017j:image

さて、どのような背景が思い浮かぶでしょう...

 

 

植物を成長させる妖精が...

花が妖精を...

などなど。

 

あなたは、どんな妄想できますか?

 

 

 

日曜日の妄想。

これから、どうぞよろしくお願いします。

 

✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎

デザインを科学しつくりあげ、ムダになりそうなものへ新しい価値と売上を。

 

 


#想像力

#日曜日の妄想

#ストーリー展開

#妄想の時間

#おもしろ物語

#背景

#イメージ

#イラストを描こう

#デザインで付加価値をつける

#売上を上げる

 

 

 

この内容は、あくまで個人の経験や学習によるものですので、すぐに売り上げが上がる確実な方法などとは捉えず、こんな考え方や方法もあるという目で読んでいただけると幸いです。

 

 

 

抹本

 

 

売上を上げる想像力とは


想像を掻き立ててもらうことが商品購入を促すポイントになります。


★今回は、想像の引き立て方のお話★

f:id:design_no_kagakusiki:20190817220227j:image

 

〜コンビニののど飴〜

先日、のどが痛くて飴を買おうとコンビニへ入りました。


いくつか種類があった中から一つ選んでレジへ向かうと、レジの近くにあったある一つの飴に目移りしてそちらに変えました。

 

 

つい気持ちが揺れて自然と選んだのですが、後々なぜこれを選んでしまったのかなと考えたところ、ある想像をしていたことが大きな理由でした。


ちなみに、つい買ってしまった飴がコレです▼

f:id:design_no_kagakusiki:20190817214544j:image

 

一度決めた商品をこちらに変えた理由は「すりおろし」「梨ピューレ入り」とあったからでした。


このワードでシャリシャリとして美味しそうな梨の味を美味しく味わう自分を想像したからです。

 

 

私は、想像力を刺激されて購入に至りました。

 

 

さて、このように想像力を刺激するというのは、脳科学の面から考えたとき結構有力なポイントになってきます。

 

 

少し前の記事で、お客さんが商品に触れることで、商品への所有意識が高まると同時にその価値も高く評価しやすいということを紹介させていただきました。


その内容の記事はこちらからお読みいただけます▼

https://design-no-kagakusiki.hatenablog.jp/entry/2019/08/12/231556

 

 

ただ、今回お伝えしたいのは、商品へ触ることをせずとも価値を高く評価してもらえる方法があるということです。

(商品へ触れてもらえることができればそちらの方がおすすめです)

 


〜想像力を刺激するとほしくなる〜

私が想像したように、お客さんの想像力を刺激することで触ることのできない商品であっても、商品への所有意識を持ってもらいやすくなり価値評価を上げることができます。

 

想像力を刺激すると一言でいってもさまざまな方法が考えられるでしょう。

 

 

その中でも、お客さんがその商品を手にして味わえる気分や便利さなど、商品を得ることでお客さんが得られることについて想像してもらえるように促すことが効果的です。

 

 

もっというと、商品を購入して得られる内容をキャッチコピーやフレーズ・言葉によって想像の手伝いをするということ。

 

 

「これを使って◯◯しませんか?」

「この商品を部屋のどこに置きますか?」

「◯◯果汁で濃厚な味」

「シャリシャリ食感で◯◯な気分になりませんか?」

などなど。

f:id:design_no_kagakusiki:20190817220303j:image

 

お客さんが、

「これを使ったらどんな風になるかな」

「これを食べたらどんな気持ちになるかな」

「これを買ったら家のどこに置いてどんな風に見せようかな」

と想像できるような言葉を入れてみてください。

 

 

お客さんが商品を手にしたら、こんな味かな、買ってどのようにしようかな、部屋の中でどんな風に置こうか使おうかというように具体的に想像してもらえるフレーズを入れましょう。

 

 

そうすれば、より鮮明にお客さんの中で想像をしてもらいやすくなります。

 


想像力を刺激できればお客さんの中で

それを買った自分が思い浮かべられる

商品に所有意識を持つ

商品価値を高く評価する

 

という流れができて、よりあなたが売りたい商品を選んでもらいやすくなります。

 

 

今回は、デザインというよりもキャッチコピーやフレーズ・言葉によった内容になりましたが、いかがでしたか?

 


もちろん、背景や画像などデザインを考える上でも、お客さんが「商品を購入したらこんな風になるかな」と想像しやすいように意識してくださいね。

 

 

〜まとめ〜

・想像力を刺激すると商品への所有意識が高まりやすく、商品への価値評価も高まりやすい

(商品を手にとってもらえないときにおすすめの方法)

・想像力を刺激するためには、キャッチコピーやフレーズ・言葉、その場面写真やイメージ画像を使おう

 

 

 

 


✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎

デザインを科学しつくりあげ、ムダになりそうなものへ新しい価値と売上を。

 


#想像力

#キャッチコピー

#コピーライティング

#フレーズ集

#イメージを刺激する

#実際に使うイメージ

#使用イメージ

#通販で売上を上げるおすすめの方法

#デザインで付加価値をつける

#売上を上げる

 

 

 

この内容は、あくまで個人の経験や学習によるものですので、すぐに売り上げが上がる確実な方法などとは捉えず、こんな考え方や方法もあるという目で読んでいただけると幸いです。

 

 

 

抹本

 

使われる赤ちゃん


★今回は、赤ちゃんの写真のお話★


よ〜く注目してみると、街のいたるところ、webのいたるところ、時にはクーポンにまでも赤ちゃんの写真や画像が目につきます。

 

「そんなにたくさん使われているにはきっとすごい理由がある!」と思ったところ、やっぱり大きな理由が隠れていることがわかりました。

 

今回はその理由について共有させていただきます。

 

 

〜赤ちゃん写真の力〜

f:id:design_no_kagakusiki:20190817011152j:image

赤ちゃんの写真はさまざまなツールで使われています。

 


ベビーグッズ系の販促物にはもちろん、優しさや安全性、成長などを表す販促物まで、意外と幅広い分野で使われていますね。

 

 

 

さて、その理由は、大きく2つあります。

 


①赤ちゃんから描かれるイメージを、そのまま商品と関連づけてもらうため


人は、一見関係性のないものでも、ポスターなど隣や近くに配置されていると勝手に関連性を感じてしまう傾向があります。

 

 

例えば、あなたが、オーガニック食材を使ったお菓子を見つけたとします。

そのパッケージには、一面に広がる緑の畑や森のイラストが描かれています。


それをみて、「『オーガニック=自然素材』で、イラストみたいに緑いっぱいな場所で育った素材を使って作られたカラダによさそうなお菓子だな」などという印象は持ちませんか?

 


赤ちゃんの写真は、赤ちゃんの敏感さや優しや、赤ちゃんに対する優しさなどを示すための助けとなってもらえるのです。

 


②守ろうとする本能

二つめの理由は特に大きなものです。

無力な赤ちゃんを助けようとする、人の心理的な本能に影響されることが二つめの理由です。


人は、自分の赤ちゃんではなくても、次の世代のために赤ちゃんを守ったり助けたりしようとするようにできています。


したがって、赤ちゃんを目にするとつい注目したり、大切にしたい気持ちになりやすいのです。

f:id:design_no_kagakusiki:20190817010819j:image


かんたんではありましたが、赤ちゃんの写真や画像が使われる理由をお分かりいただけたでしょうか?

 


この理由をお伝えしたことによって、少しでもあなたのデザイン制作に役立てていただけると嬉しいです。

 

 

ただ、全く赤ちゃんと関係のないものに赤ちゃんを使うのは、効果的どころか、お客さんに悪い意味で違和感を与えてしまうことが多いのでおすすめしません。

 

 

例えば、「ママさんにおすすめしたい無添加の優しい化粧水」などで赤ちゃんの写真を使うのは、優しさや安全性示すこととつながると思います。


しかし、腕時計の販促ポスターで特に理由もなく赤ちゃんの写真を使っても、時計と赤ちゃんがリンクしにくく、反対に意図がわかりにくいポスターに仕上がってしまうでしょう。

 

 

ぜひ、あなたの伝えたいことと赤ちゃんへの印象がリンクするように活用してみてくださいね。

 

 

 

〜まとめ〜

・赤ちゃんの写真は強い力がある

・人は本能的に赤ちゃんを大切にしようという気持ちになりやすい

 

 

 

 

✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎

デザインを科学しつくりあげ、ムダになりそうなものへ新しい価値と売上を。

 


#赤ちゃん

#赤ちゃんの写真

#ベビーグッズ

#パッケージ

#無添加 優しい 安全な

#安心する

#守りたい気持ちと助けたい気持ち

#ベビー

#デザインで付加価値をつける

#売上を上げる

 

 

 

この内容は、あくまで個人の経験や学習によるものですので、すぐに売り上げが上がる確実な方法などとは捉えず、こんな考え方や方法もあるという目で読んでいただけると幸いです。

 

 

抹本

感情的になっていいことある?


あるんです!


★今回は、広告に訴求力をつけるためのお話★

 


タイトルの質問への答えは、大きな声で「YES!」といわせていただきたいです。

f:id:design_no_kagakusiki:20190815224020j:image

 

感情的な広告は訴求力があるからです。

 

 

〜理性的 VS 感情的〜

理性的な広告や淡々とした内容になっている広告よりも感情的なものの方が効果的なのです。

 


もちろん淡々とした内容と感情的な内容を合わせた広告も効果的です。

ただ、この場合、感情に訴える内容が多ければそれほどより効果を期待できます。

 


イギリスの広告関連の団体が調べた調査によって、淡々として情報を伝えた理性的なたな広告と感情に訴えかける広告の利益がどれくらい増えるか(増加率)を比べられました。

 

その結果、感情に訴えかけた広告の方が理性的な広告の約2倍も効果が上がっていることがわかったとされています。

 

 

理由はいくつかありますが、主に感情的な広告は、脳の中でその内容の受け取り方が違うことにあります。

 


どのような違いかというと、難しい話になりますが、

理性的な広告は、それをみると脳内で認知処理がが行われます。

しかし、感情的な広告では、脳内で認知処理の部分は通らず、そして鮮明に記憶されるということです。

 


さすがに、脳の話になると少し難しいですね。

 

 

かんたんにお伝えすると

理性的な広告だと、頭が「私はこの広告を見たぞ!広告はこういうことを言ってるんだな」としっかり認識して内容を感じとるのですが、

 


感情的な広告は、「見たぞ」と認識することを飛び越えて、サッと記憶されるということです。

 

 

きっともっと詳しい理由があると思うので、それがお伝えできないのが悔しい気もしますが、感情的な広告はサッと理解されるとともに、お客さんの中でより鮮明に残るのです。

 

 

〜感情的な広告には何が必要か〜

f:id:design_no_kagakusiki:20190815224302j:image

感情に訴えることが強い武器になることがわかりました。

 

では、感情的な広告とはどのようにできるのでしょう。

 

そこがわからなければ、「感情的な広告は訴求力がより高い」を活用できないですよね。

 

 

さて、一番身近な方法は何だと思いますか?

 

 

 


それは、ストーリーです。

物語があることで、それに人は入り込み、感情的になれます。

 

 

教本を読むのと、小説を読むのとではどちらがその本の内容に入り込めますか?

 

ドキュメンタリー映画ももちろん話の中に入っていきますが、アクション映画やアニメ映画、恋愛映画のようにその中にストーリーがあると、スッとその中に入り込んでしまいますよね。

 

 

なぜでしょう?

 


理由は、共感するからです。

 

共感できるためには、嬉しいとか悲しいとか悔しいとか幸せだとかいう感情表現が特に重要です。

 

 

それらを表すためには、ストレートに言葉でもいいですが、よろしければデザインで使う写真やイラストが嬉しそうだったり悲しそうだったり悔しそうだったり楽しそうだったりすると、伝わりやすくなります。

 

 

 

人は、表情に対してとても敏感で、それに注目しやすい傾向もあるので、表情を入れたデザインはとくにおすすめです。

 

 

 

最後にエピソードについては少し前にこちらのブログでもお話させていただいたことがあるので、よろしければご覧ください▼

https://design-no-kagakusiki.hatenablog.jp/entry/2019/07/17/235944

(エピソードに関する記事へリンクします)

 

 

〜まとめ〜

・感情的な広告の方が理性的な広告よりも鮮明に記憶される

・感情に訴えるためにはストーリーが重要

 

 


✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎

デザインを科学しつくりあげ、ムダになりそうなものへ新しい価値と売上を。

 


#ストーリー展開

#表情に注目が

#鮮明に残る

#感情的になる

#感情に訴える

#理性的な広告

#デザインで付加価値をつける

#売上を上げる

 

 

 

この内容は、あくまで個人の経験や学習によるものですので、すぐに売り上げが上がる確実な方法などとは捉えず、こんな考え方や方法もあるという目で読んでいただけると幸いです。

 

 

 

抹本

会ってきます。


★お知らせです★

f:id:design_no_kagakusiki:20190814091740j:image

本日ブログをお休みします。

 

最初に補足させてください。

前回の記事の内容が内容なので、疲れて休むのか?と思われることもあるかもしれませんが、そうではなないですのです。

知人と久しぶりに会ってきます!


仕事のあとすぐに会うことになっているため、せっかく久しぶりに会うので何も考えず全力で楽しもうと思いました。

 

 

いつも訪問していただいている中、急なことで申し訳ないのですが、また明後日から、あなたに楽しみながらおーっと思っていただけるような内容を目指していきますね!


引き続きよろしくお願いします。

 

 

抹本